自動車を維持するにあたり、避けて通れないのが税金です。
ほんの少しの加工で税金を安くするカスタムがあります。
今回は4ナンバー化のご案内です。


今回はお買い上げ頂いたステップワゴンを 5ナンバーから 4ナンバーへと変更します。
2年間のトータルで安くなりますが、メリット・デメリットがありますのでよく読んでみてくださいね。

4ナンバー化とは

そもそも4ナンバーとは貨物車のことであり、商用車に多く普及するナンバーです。
小型自動車で貨物用途の自動車であること。
全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下、総排気量2,000CC以下(ディーゼル車は無制限)

今回は、元々5ナンバーの車を4ナンバーに改造し、維持費ダウンを目指します。

メリット・デメリットは

まずはメリットとして税金面が安いです。

メリット① 毎年かかる自動車税

・4ナンバー(小型貨物)の自動車税
最大積載量1トン以下/8,000円
最大積載量1トン超~2トン/11,500円
最大積載量2トン超~3トン/16,000円

・5ナンバー(小型乗用車)の自動車税
総排気量1L以下/29,500円
総排気量1L超~1.5L/34,500円
総排気量1.5L超~2L/39,500円

メリット② 車検時にかかる自賠責保険・重量税

・小型貨物車(4ナンバー) 車両総重量~2.5トン
自賠責保険:12か月 17,270円
自動車重量税:12か月 9,900円(エコカー免税なし)
車検料:20,000~60,000円 (民間車検場等で行った場合)

・小型乗用車(5ナンバー)車両重量~2トン
自賠責保険:24か月 27,840円
自動車重量税:24か月 32,800円(エコカー免税なし)

メリット③ 軽量化による燃費向上

ミニバンの場合はサードシートを取り外します。
車種によりますがそれだけで成人男性一人分の重さになるものもあり
サードシートを取り外したことで軽量化、燃費向上が期待できます。

デメリットは

・車検時期
4ナンバー 毎年車検 (1年ごと)
5ナンバー 2年車検

・乗車定員の制限
貨物車であるため、写真のステップワゴンであれば
3例目のシートを取り外し、荷物を載せられるスペースの確保が必要。
そのため乗車定員が7名から5名へと変更になります。

・任意自動車保険
海外のネット通販系の保険では改造車の引き受けができない保険会社もあります。
国内の大手保険会社はほぼ大丈夫だそうです。

トータルでどうなのか

4ナンバーは車検が1年ごとで5ナンバーは2年ごとなので
2年間の維持費で計算しましょう。

こちらのステップワゴン(排気量2000cc)の場合は 4ナンバー化することで…
・自動車税 2年間でトータル -63,000円
・自賠責保険 2年間でトータル +6,700円
・重量税 2年間でトータル -13,000円

合計-69,300円 の節約になりました。

車検の手数料が2年車検の5ナンバーより1回多いですが、節約した69,300円の中で余裕で支払えます。
むしろ1年に一度の定期点検と考えれば「維持費が安いうえに、点検の安心感がある」というメリットを得られます。

※車種により4ナンバー化ができる/できないがあります。
お気軽にご相談ください。

こんな人におすすめ

・維持費をおさえたい
・人数は乗らない
・荷物をよく積む
・室内で着替えたり、寝られるスペースがほしい
・自転車やバイクを積む
・板やウェアやブーツを積んで、なおかつ着替えもできる車がほしいスノーボーダー

(株)アクセルにおまかせ

ディーラーや大手ではやらない、嫌がられるような手間暇かかることが我々の得意とするところです。
スノーボードやバイクなど、趣味を存分に楽しんでいただくためにクルマ屋ができる最大限のサポートを提供いたします。
一人ひとりの用途、家庭事情に合わせた車選びをし、望みどおりの車を探してご提供いたします。

売る側も買う側も同じスノーボードの趣味をもっておりますので、言いたいことがわかる。
これ重要ですよね(*´∀`*)

春は車の買い替えで混雑しますので、ご相談はお早めに♪

スプリングバレースキー場のナイター営業で毎日のように滑っておりますので
ご相談はゲレンデでも賜ります(゜ロ゜)!!