すでにやり尽くされた感のあるアーシングです。
古い車はアース線の効率が落ちている場合があり、アーシングの効果を体感できるレベルで発揮することがあります。
そんな、ちょっと古い車用の改造の例をひとつご紹介します。
現在のほとんどの車はダイレクトイグニッションなのでプラグコードがありません。
ちょっと古い車にあるプラグコードにアーシングです。
有名なところだとノロジーホットワイヤーという商品と同じ構造にします。
プラグコードにアース線を巻き付け、アースをエンジンに落すという構造です。

効果:エンジン低~中回転のトルクアップを体感できます。

dsc_2993

プラグコードを分解して平編み銅線を通し、熱収縮チューブを通して保護します。

dsc_2994

無事にトルクアップを体感できました。
今までと同じようなアクセルワークで、少し力強く車が進むようになりました。

お金をそれほどかけずに愛車の性能があがるのならば、このような改造もアリですね♪

予算 部品代3,000円~