スノーボードのイベントはたいてい朝早くから受付となります。
遠く離れたスキー場の場合、東北でも移動で4時間かかることもあったりして
当日参加だと日の出ていない時間からの活動か、前泊になります。

前泊できるタイムスケジュールなら良いのですが
仕事を終えてからの出発だと、到着が深夜となり
ホテルへのチェックインもままならないのです。

そこで、車中泊を選択するのは必然となってきます。

しかし、単純に車中泊と言っても、純正のシートを倒しただけでは
水平のフラットな寝床が作れずに、寝苦しく、イベント参加の前に睡眠で疲れてしまいます。

そこでしっかり睡眠を取れるように車内をカスタマイズ!!
今回はスノーボードでの使用はもちろん、自転車でも活躍する「よくばり車中泊キット」(ワンオフ=一品物)の紹介です。




市販の車中泊キットは4分割になるキットは発売されていません。
4分割の優位性があったので金物屋さんに依頼し一品物で作りました。

まずは写真のように2分割で一人分のベットとなります。
となりはウェアを干すためにハンガーでつり下げたり、自転車も積めるように設計しました。
アウトドアを楽しむユーザー向けです。

さらにこのキットの並び替えで

リアは完全にベット化しスペースを確保しました。

今回は4枚面すべてをフラット化しない理由があります。

車内での着替えスペースが必要だからです。

用途と宿泊日数に応じて組み換えできる「よくばり車中泊キット」

一品もので、車種に合わせて作れます。
自作の塩ビパイプとは違いしっかりとした鉄フレームのため
走行中の安定感、就寝中の安心感が違います。

価格は19万8千円~

少々値が張るかと感じますが
ツライ思いをしてのイベント参加せず、快適に眠れます。
また、別の用途ですが飲み会の後、代行を待つことなく車内で泥のように眠れます(笑)